無料ブログはココログ

« ■□□□■■「将来のゆめ」 | Main | ■□□■□■「鳥葬」 »

2004.12.15

■□□■□□「人形」

 仕事が終わり、私は家に帰ってきた。
 夕飯を食べ終わり、ソファでくつろいでいると、娘が近付いてきた。まだ幼児だ。
 娘は、無造作に私の身体を手に取ると、慣れた手付きで分解しはじめた。
 まず、私の上肢をもぎ取り、次に下肢を外す。そして、首を引き抜き、胴体を腹部と胸部の二つに分ける。さらに、肘、膝、手首、足首を外し、私の手足は細かな部分に分解された。
 私は、すっかりパーツにされてしまった。これが、意外と気持ちいい。
 娘は、しばらくの間、私のパーツを弄んでいたが、やがて組み立て始めた。
 実際のところ、組み立ては分解よりも難しい。娘の知能では、まだ無理なのだ。
 結局、私はヘンテコな生物に組み立てられてしまった。まるで、ハンス・ベルメールの人形だ。
 私が困り果てていると、良いタイミングで妻がやってきた。
 妻は、手際よく私を再分解し、元の姿に直してくれた。
 ああ、良かった。

« ■□□□■■「将来のゆめ」 | Main | ■□□■□■「鳥葬」 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9810/2278948

Listed below are links to weblogs that reference ■□□■□□「人形」:

« ■□□□■■「将来のゆめ」 | Main | ■□□■□■「鳥葬」 »