無料ブログはココログ

« ■■■■■「僕の彼女」 | Main | ■□□□□■「家」 »

2004.09.29

■□□□□□「感覚」

脳が痒いときがあります。
脳が甘いときや辛いときもあります。
また、手足が楽しいときがあります。
胃腸が面白いときもあります。
肝臓がつまらないときもあります。

だけど、そんなことはどうでもいい。
所詮、私の感覚の問題に過ぎないのだから。

では、私の感覚の外部はどうなっているのだろう。
そんなことは、考えるだけ無駄だろうけど、
敢えて考えるならば、
それは、私の感覚よりも信頼できる、堅固なものに違いない。

こういう馬鹿なことを考えるのは、時間の無駄かもしれないし、
ひょっとしたら有益なことなのかもしれない。

いつか、私の感覚が怪しくなって信頼できなくなったとしても、
私の感覚の外部が、とても堅くて頼りになるものであるならば、
これほど安心なことはない。

感覚を信じるよりも、そういうものを信じた方が、確実だ。
だから、感覚の外部にあるものを信じよう。
そうした方が楽に生きられるはずだから。

« ■■■■■「僕の彼女」 | Main | ■□□□□■「家」 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9810/1549007

Listed below are links to weblogs that reference ■□□□□□「感覚」:

« ■■■■■「僕の彼女」 | Main | ■□□□□■「家」 »