無料ブログはココログ

« ■■■□■「拾ってみる」 | Main | ■■■■■「僕の彼女」 »

2004.09.02

■■■■□「ディズニーショップ」

 出張の帰り道、その店を見つけた。
 店の看板は、「ディズニー・ショップ」と書いてあり、安っぽいネオン管で縁取りされていた。
 普段なら、気に留めることもなかったのだが、その晩は、ふと中を覗いてみることにした。
 店内に入ると、まず、熊のプーさんが目に入った。
 正しくは、プーさんの剥製だ。
 毛並みは悪く、顔つきも不細工なプーさんだ。眼窩に埋め込まれたガラス玉はプーさんの空ろな表情をさらに空虚にしている。多分、肉は熊鍋用に、内臓も食用か薬用に使われたのだろう。
 次に見つけたのは、生きたミッキーマウスだった。
 小さな檻の中に、ミニーマウスと番いで入っていた。
 劣悪な環境のせいか、しきりに歯を剥き出して、周囲を威嚇していた。もうじき処分される運命を本能的に感じ取っているのかもしれない。
 さらに店を探検すると、今度はドナルドダックがいた。
 いや、正確にはドナルドの精肉だ。
 モモ、ムネ、手羽など様々な部位が陳列してあり、中にはドナルドのフォワグラという珍味もあった。まあ、アヒルならそれなりに美味しいのかもしれない。
 この他、ディズニーキャラクターたちのホルマリン漬けコーナーがあった。これがなかなか壮観で、特に、生白く変色した人魚姫のサンプルは見ごたえがあった。
 うん、なかなか楽しい店だ。
 私は、プーさんの「熊の胆」とドナルドの「ボンポチ」を買って、店を出た。
 また、いつか寄ってみよう。

« ■■■□■「拾ってみる」 | Main | ■■■■■「僕の彼女」 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9810/1339845

Listed below are links to weblogs that reference ■■■■□「ディズニーショップ」:

« ■■■□■「拾ってみる」 | Main | ■■■■■「僕の彼女」 »